新小学1年生交通安全教室の開催 龍田支部

とまって まって とびださない

 

 龍田支部では、龍田小学校・PTAから要請を受けていましたので、新入学児童にかかる交通事故を未然に防止するため、4月14日午前9時30分から体育館で新一年生(215人)に対し、熊本北警察署のご指導の下に、交通安全教育を実施しました。

実施内容は、

  • 警察官による小学生の交通事故状況の説明、
  • 信号機、歩道、横断歩道を仮設しての実践指導

新一年生の皆さんは、龍田支部指導員やPTA安全担当者の指導を、真剣に取組み『絶対に交通事故に遭わない』と誓い合っていました。

龍田支部指導員8名も、まるで孫と接するような気持ちで一生懸命指導をしていました。

また、新一年生の皆さんは、熊本北地区交通安全協会からプレゼントした【交通事故防止くまモン反射材】をランドセルに着けています。

安全教室の様子

 

龍田支部安全協会

 交通安全教育受講状況

 

 

 

 

 

龍田支部安全協会

 横断歩道の渡り方 指導状況

    

 

 

 

 

 

龍田支部安全協会

 警察官による事故に関する説明状況

 

 

 

 

 

龍田支部安全協会

 警察官による講話 

 交通安全標語を全員で復唱

 あ… 青信号 ピカピカしたら渡らない

 い… いつも確認みぎひだり

 う… うっかり飛び出し事故のもと

                              え… 笑顔で合図手をあげよう

                              お… 横断歩道青信号でも気を付けて

 

 

 

 

 

 

 

龍田支部活動報告

楽しく学ぶ高齢者交通安全教室の開催

 熊本北地区交通安全協会龍田支部(松永支部長)では、高齢者にかかる交通事故を防ぐため、7月10日午後、龍田町内の牧鶴公民館で県協会の専門講習指導員の派遣を得て、高齢者システムによる高齢者交通安全教育を行いました。(県協会の専門講習指導は県警からの委託業務です。)

 講習には、5町内の老人会会員の方約20人が参加され、警察官による事故状況の説明のあと道路横断システムによる実践的交通安全教育が行われました。

集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通安全講習

識別

 

 

 

 

 

 

 

 受講者の方は、加齢による体力、判断力などの衰えを痛感されていました。

*加齢とともに体力、記憶力、視力など機能が低下するのは当然のことです。一番重要なことは、それぞれの低下を自覚することであり、余裕を持って行動することではないかと思います。交通事故に遭わないように十分注意して下さい。

実践

 

 

           【 交通事故0を目指して RULE AND MANNER 】

 

「熊本中央警察署」除幕式が執り行われました。

新名称「熊本中央地区交通安全協会」誕生。

 

熊本中央警察署(旧:熊本北警察署)の発足式が、平成29年10月1日(日)午前10時より行なわれました。警察署の名称変更に伴い、当協会も新たに名称が変更されました。

 

「熊本北地区交通安全協会」
         ↓
「熊本中央地区交通安全協会」

 

主催者・来賓挨拶、熊本中央地区交通安全協会長の他約30名の来賓紹介があり、その後熊本中央警察署の除幕式が行われました。

管轄の変更は、来年度4月1日からです。
皆様、これまで同様にご指導・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

* 飲酒運転により検挙される方がいっこうに減少していないと伺っております。

【飲酒運転はしない・させない・許さない】